スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    最果てアーケード

    0
      評価:
      小川 洋子
      講談社
      ¥ 1,575
      (2012-06-20)

      なんだかよかった。
      いつもの小川さんらしい文体を残しながらも、
      中身は体温の通った人間の話。
      今までの作品はどこか人間が人形のようであることが理想という雰囲気を感じたけど、
      これは違う。
      行間にちゃんと感情を読み取れる。

      小さなアーケード。
      そこで店を開く店主たち。
      アーケードで生まれた少女は飼い犬のべべとそこで過ごす。
      続きを読む >>


      人質の朗読会

      0
        評価:
        小川 洋子
        中央公論新社
        ¥ 1,470
        (2011-02)

        なつかしい感じがした。

        随分昔から小川さんの本は好きで読んでいるのだけど、
        これは本当に「小川さんらしい」本。
        冷たくて、静かで、変化ではなくて永遠の沈黙を求める。

        一つ一つの物語は語られっぱなしとはいえ完結するのだけど、
        大筋はあるようで、ない。
        その形もめずらしいが、最後はすこし不完全燃焼な気分になる。
        続きを読む >>

        猫を抱いて象と泳ぐ

        0
          評価:
          小川 洋子
          文藝春秋
          ¥ 1,780
          (2009-01-09)

          小川洋子さん、昔はよく読んだけど、
          最近はすっかりご無沙汰だった。

          相変わらずの静かなひっそりとした神聖な世界観。

          リトル・アリョーヒンというのが小さな少年の呼び名だった。
          ロシアの偉大なチェスプレーヤー。
          続きを読む >>


          PR
          calendar
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          25262728293031
          << October 2020 >>
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM
          JUGEMのブログカスタマイズ講座