スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    二都

    0
      評価:
      藤谷 治
      中央公論新社
      ¥ 1,680
      (2008-03)

      なんというか、異色の作品だった。

      藤谷さんの作品を三冊読んで、「この人らしさ」というものが見当たらない。
      三作品とも全く内容もテーマも文体も違うという・・・。

      文章が旧かな使いの章があるため、読みづらかった。
      実験的でおもしろいとは思う。
      続きを読む >>


      マリッジ・インポッシブル

      0
        花のようする」がなかなか面白かったので、また藤谷さんの本を読んでみた。

        この本は、軽い!軽やかで、笑いに富んでいて、ポップ。
        文体も全く違う。すべて口語。

        結婚を目指し、でも仕事も大切。
        出会って、失敗して、またトライして、そんななか周りでも色々あって。
        嫌なことも含めて楽しく、明るく共感できるような本だった。
        続きを読む >>

        花のようする

        0
          本屋で見かけて少し気になったので読んでみた。
          とても読みやすく、じわりと元気がでるような作品だった。
          展開や構成はもう少しキリッとなるといいかもと感じたが、
          全体に漂う雰囲気や登場人物がしっかりしていて感情移入しやすかった。
          ぜひほかの作品も読んでみたい。

          芸能界に身をおく「瀧沢マユ」こと野滝繭美。
          彼女が所属する事務所が借り上げているマンションに一緒に住む恋人の桜田眷作。
          「家を買おう。」という野滝の言葉、
          そして見つけた古い一軒家。
          続きを読む >>


          PR
          calendar
             1234
          567891011
          12131415161718
          19202122232425
          262728293031 
          << July 2020 >>
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM
          JUGEMのブログカスタマイズ講座