スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    金色のゆりかご

    0
      評価:
      佐川光晴
      光文社
      ¥ 1,890
      (2008-06-20)

      タイトルに惹かれてなんとなく借りてみた。
      最近まただれかいい作家さんはいないかなぁと探している最中なので。

      結論。いまいちでした。

      文章の書き方は慣れていると思う。
      でもストーリーの作り方と、盛り上がりの持って行き方、
      書くべき箇所、書かなくてもいい箇所への配分がまだまだだと感じた。

      主人公は研修医。
      研修中にうつ病にかかり、療養をかねて働いていたコンビニで女子高生を救う。
      中絶不可能な域まで育った子供を腹に抱えて、
      傲慢な母親に反発し、頼るべき人もなく、寂しい出来事を携えたその少女。
      運ばれた病院先で変人と呼ばれる医者と少女が出会い。
      その医者と研修医も出会い、
      つながりができて物語が始まる。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座