スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ポーの話

    0
      評価:
      いしい しんじ
      新潮社
      ¥ 1,890
      (2005-05-28)

      もーこの独特の世界感。
      どこまで現実と同じように捉えていいのかわからない。
      ここでは、人間は現実と同じように男と女が交わって生まれるのか?
      そうでないひともいるのか?
      ポーの父親ってだれなんだ?つーか母親もよくわかんないし関係ないか。

      うなぎ女たちの子供として生まれたポー。
      うなぎ取りとして類まれな才能を持ち、魚に近い身体を持つ。
      彼が住んでいる町は「橋の町」
      左岸と右岸で役割がわかれ、ヒエラルキーが存在する。
      川下に行くほど、栄えている。

      運転士として勤務するメリーゴーランドと出会い、
      その妹、ひまし油と出会い、
      いろいろな出来事が起こり町を出る。
      その先でもいろいろな人たちと出会い、物事を体験していく。

      下賎なものとして外界とほとんど係わり合いのないうなぎ女の子供なので
      最初は世の中の常識だとか、文化だとか、感情を持っていなかったポーの成長の物語
      ・・・だと思う。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座