スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    瑠璃でもなく、玻璃でもなく

    0
      一人の男を挟んで葛藤する二人の女。

      女性の書く恋愛小説ってわりと展開が一辺倒というか、
      特に男が既婚者だったりすると最終的に不倫していた女が諦めて終わり、みたいなところがあるけれど
      これはそういう意味では良い感じに裏切られた。

      登場人物が重なりすぎているのがなんだかなあと思ってしまうけど・・・。
      続きを読む >>


      一瞬でいい

      0
        評価:
        唯川 恵
        毎日新聞社
        ¥ 1,785
        (2007-07-20)

        東京に住む未来子、創介。
        上流階級である両親が軽井沢に持つ別荘に毎年遊びに行っていた。
        そこで出会った地元の子供、稀世と英次。
        幼い頃から毎年顔を合わせて遊んでいるうちに彼らは青年になっていた。
        これから大学受験を控えるような選択の時期。

        記念に、と言う名目で四人で浅間山に登ることになった。
        そこで、決定的な事件が起きてしまう。
        足を折った創介の救助を求めて山を先に下りた英次が、崖から落ちて、なくなる。
        各々が各々を責め、
        会うことのできなくなった残りの三人。
        その後の彼らの一生を追っていく。


        共有する罪を持った三人。
        普通の恋愛話ではないかな。
        続きを読む >>

        今夜は心だけ抱いて

        0

          評価:
          唯川 恵
          朝日新聞社
          ¥ 1,680
          (2006-03)
          唯川恵さんの本をもんのすごい久しぶりに読んだ。
          何冊か持っているし、今までの作品は大体読んでいると思うけれど
          自分的に恋愛もの本は飽きてしまい
          唯川さんは恋愛ものばかり扱っているイメージが強かったので疎遠になってしまった。

          で、この本。
          ずーっと会っていなかった母と娘が成り行き上一緒に暮らすことになった。
          と思ったら事故で二人の中身が入れ替わってしまった。
          そのことを他の人には明かさずお互いがお互いを生活することとなる。
          続きを読む >>


          PR
          calendar
            12345
          6789101112
          13141516171819
          20212223242526
          27282930   
          << September 2020 >>
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          recent trackback
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM
          JUGEMのブログカスタマイズ講座