スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    記憶の食卓

    0
      評価:
      牧野 修
      角川書店
      ¥ 1,680
      (2005-09-26)

      折原は名簿を扱う会社に勤める男。
      ただ仕事は個人情報である名簿を売り買いするという、法に抵触するもの。
      あるとき、連続殺人事件が起こる。
      共通しているのは、死体のありかたで、猟奇的な殺され方をしていた。
      あるときふと気が付くと、折原の机の中にはある名簿があった。
      その中には折原自身の名前もあったが、他の人間たちの中に殺人事件の被害者の名前もあった。

      食に関する共通するおかしな記憶。
      あったこともない人間がある一つのリストに載っている、その中に自分の名前がある恐怖。
      同僚の美也の助けをかり、独自に事件を追っていく。


      スプラッター。
      アメリカの懐かしきホラーの雰囲気に近い。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座