スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    偉大なる、しゅららぼん

    0
      ぶれないなー。そこが素敵。
      今までの作品と同じ路線をたどっているのにやっぱりおもしろい。
      設定は奇抜なのだけど、説得力があり、
      笑えるけどシリアスで驚かされる。

      日出家分家の涼介。
      高校の三年間、彼は本家日出家で生活し、高校に通い、不念堂というところである修行をすることになる。

      まさしく「城」に住んでおり、巨大な権力と財産をもつ日出本家。
      涼介と同い年の本家の息子、淡十郎は我が道を行く「殿様」のような少年。
      淡十郎の姉の清子はいろいろな意味でグレートだという。
      続きを読む >>


      プリンセス・トヨトミ

      0
        評価:
        万城目 学
        文藝春秋
        ¥ 1,650
        (2009-02-26)

        今までの万城目さんの作品の中で一番好き!
        すごく面白かった。
        内容を振り返るとばかばかしいのだけど、
        そのばかばかしさを実際にやってのけると偉大さに変貌する。

        会計検査院という役所。
        三権分立の外側に独立してなりたつ検査院。
        仕事は、あらゆる機関の会計を検査すること。

        三人は大阪に行くことになった。
        「鬼の松平」と呼ばれ厳しい検査をする有能な調査官、松平
        「ミラクル鳥居」と呼ばる鳥居は小太りなおしゃべりだが、時々ミラクルを巻き込む。
        内閣に出向したこともあるという旭・ゲーンズブールはこれまた有能で美女ですさまじくプロポーションが良い。

        「社会法人 OJO」がすべての発端だった。

        同時進行で語られるもうひとつの物語。
        大阪市立空掘中学校に通う真田大輔。幼なじみの橋場茶子。
        大輔は女の子になりたかった。
        自分の信念を貫くために彼は(彼女は?)セーラー服で登校することに決めた。
        周りからの奇異な目は承知の上。
        だが、極道の息子、蜂須賀勝に目をつけられてしまった。
        続きを読む >>

        鴨川ホルモー

        0
          評価:
          万城目 学
          産業編集センター
          ¥ 1,260
          (2006-04)

          ホルモー六景を先に読んでしまったから
          そう思うのかもしれないけど、
          「なるほど、こういう話だったのか」という感想。

          やっとの思いで大学に入学した主人公、安部は京都三大祭の一つ、葵祭であるバイトをした。
          その日、同じバイトをしていた高村と友人になり、二人そろって京大青竜会というサークルに勧誘された。
          怪しげだとおもいつつも、新歓コンパに参加した先で、
          ある女性に恋をした。
          そのおかげで結局京大青竜会に居座ることになってしまった。

          周りから囲んで、気づいたら逃れられない、ホルモー。
          不思議な生物?オニと契約を交わし、戦いあう、ホルモー。
          続きを読む >>

          ホルモー六景

          0
            評価:
            万城目 学
            角川書店
            ¥ 1,365
            (2007-11)

            奇跡的に2週連続で万城目さんの本が借りられた!!
            だが、私は鴨川ホルモーを読んでいない。
            これは、鴨川ホルモーを読んでからでないと、よくわかんない。
            と言うのがとりあえずの感想。

            「ホルモー」は、京都の四大学にそれぞれある不気味なサークル、
            京都大学青竜会、立命館大学白虎隊、京都産業大学玄武組、龍谷大学フェニックスによる
            「オニ」を使った対決のことを言う。
            部員たちは「鬼語」(なんだかきもちわるい感じの語感)を駆使して
            オニを操り、相手方のオニをやっつける。

            まじめっぽくくそばかばかしい雰囲気は、
            やっぱり森見登美彦さんの文章に通じるものがあるなぁ。
            万城目さんは森見さんのファンらしいと聞いたことがあるが、納得。

            読んだことがないから完全に推測だけど、
            「鴨川ホルモー」本編のスピンオフのような作品だと思う。
            歴代OB、OGの話だったり、
            現役組のちょっとしたエピソード的な話だったり。
            続きを読む >>

            鹿男あをによし

            0
              評価:
              万城目 学
              幻冬舎
              ¥ 1,575
              (2007-04)

              ドラマで見ました。
              原作は万城目さんだということは知っていたんだけど、
              やっぱりさすが人気作家さん。やっと読めたよ!初読了。
              鴨川ホルモーもそのうち読みたい。いつになることやら…。

              ドラマを見ていたとき、やっぱり原作が小説ならではの違和感というか、
              きっと端折っているんだろうなぁという感じとか、
              なんとなく辻褄が合わないなぁという印象があったのだけど、
              やっぱり原作とは全然違う。
              というか、手、加えすぎじゃない!?びっくりした!

              あらすじはドラマとおおよそ一緒。
              大学で研究をしていたが、しばしの休養ということで奈良の女学園に教師として赴任することになった男。
              堀田イトという女子から理由もわからず嫌われた。
              なぜか鹿に話しかけられ、重要な任務(らしい、っていうか実際重要)を任される。
              鹿の「運び番」となった彼は運ぶべき「目」を捜し求める。
              京都には狐、大阪には鼠。それぞれその地をベースとする神聖な動物たちがいて
              その三役でもって大地震を引き起こす大なまずを封じている。

              その「目」が奪われた。形もわからない。
              失格だといって顔を鹿に変えられる。

              期限まで時間がない。急いで探す。
              続きを読む >>


              PR
              calendar
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728293031
              << October 2020 >>
              selected entries
              categories
              archives
              recent comment
              recent trackback
              links
              profile
              search this site.
              others
              mobile
              qrcode
              powered
              無料ブログ作成サービス JUGEM
              JUGEMのブログカスタマイズ講座