スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    タペストリーホワイト

    0
      評価:
      大崎 善生
      文藝春秋
      ¥ 1,350
      (2006-10)

      大崎善生さんの本を読むのは本当に久しぶり。
      何年ぶりだろう?っていうレベル。
      以前は素直で感情的な文章が好きで、よく読んでいたけれど、
      その後趣味が徐々に変わってきてあまり手をつけなくなってきていた。

      久しぶりに読んだけれど、以前のものよりもよくない。
      あまり内容がない物語に感じた。

      1970年代に起こった学生運動。
      主人公、洋子には優秀な姉がいた。
      北海道内随一の高校に進学した姉の高校は大学で発生した学生運動が飛び火した数少ない学校のうちのひとつ。
      おそらくその活動に彼女自身も共鳴していた。加担していたかは別として。
      東京の大学に進学した姉は、学生運動のセクト内抗争に巻き込まれ、殺された。
      洋子は姉と同じ高校に進学したが、
      その高校は姉の世代が残した爪あとにより、自由を奪われていた。

      姉の痕跡を追うように東京に進学する洋子。
      恋人よりも親友のようにお互いを愛する存在ができたが、
      その彼も学生運動で殺される。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座