スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    黒を纏う紫

    0
      評価:
      五條 瑛
      徳間書店
      ---
      (2004-01-25)

      おそらく近未来。
      アジア系の移民が日本を侵食し始めている。
      特に裏の世界ではその傾向が激しい。

      主人公の鶴見はトラックの運転手をしている。
      ある時、プールバーでマキという女性と知り合う。
      約束もせず、連絡先も交換せず、バーに出向いた時にいれば一緒にいるような関係。

      鶴見は特殊物質運搬車両資格を所有している。
      給料は普通のドライバーと比べて格段にいい。
      仕事も手に余るほどある。
      だけど、その資格は普通の人間たちはどんなに薦められてもとろうとしない。

      過激なテロを起こすカルト集団、回然祖教。
      上海系マフィアの楽園上海。
      美しい殺戮者、クウとその相棒、スズ。
      移民を一網打尽にしようとたくらむ政府。
      そして鶴見とマキをも巻き込んで一つに収束していく。
      続きを読む >>


      天神のとなり

      0
        評価:
        五條瑛
        光文社
        ¥ 1,680
        (2008-09-20)

        実家に帰った時に弟に最近面白い作家さんはいるか?
        と尋ねたら五條瑛さんと米沢穂信さんの名前が帰ってきた。
        (弟の愛読ジャンルはミステリー)

        そんなわけでおススメチャレンジ。

        以前は大学で教鞭をとっていた主人公、鏑木。
        女を理由につまらない傷害事件を起こし、学校を追われた。
        その後、ヤクザに拾われ、組員ではないが、使いっぱしりのようなことをしている。

        鏑木を抱えているのは、天藤会に属する切れ者、白樺。
        組が関わる仕事(シノギ)でいざこざが発生すると
        探偵の代わりに鏑木を呼び、調べさせる。

        続きを読む >>


        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座