スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    肝心の子供

    0
      評価:
      磯崎 憲一郎
      河出書房新社
      ¥ 1,050
      (2007-11-16)

      磯崎憲一郎さんの本、初読了。
      芥川賞にノミネートされていた時から気になっていたけど、
      なかなか読む機会がなかった。

      読んでみてまず思ったのは、「芥川賞とりそうな文章だな」。

      仏教の教祖、ブッダ。
      王子、シッダールタであった頃からの彼、
      冷静な妻との間にできた「束縛」という名を持つラーフラ、
      過ちのようにできたラーフラの息子、ティッサ・メッテイヤの生き様を描く。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座