スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    鏡の奥の他人

    0
      評価:
      愛川 晶
      幻冬舎
      ---
      (1997-07)

      愛川さんの名を最近よく目にするものだから
      気になって読んでみた。

      んー。王道というか、見たことがある感じのミステリーサスペンスって感じかな?
      何の情報もなく、先入観なしに読んだら
      きっちりだまされちゃったけど!

      最後は想像以上に切ない終わり方になった。

      あと、主人公、いるの?っていうくらい影がなかった。
      出番もなければ見所もない・・・。
      読者と同じ視線に常にいる、それだけの存在で終わってしまったような気がする。

      赤い頭髪の、記憶を失った女性。
      血だらけのナイフを持ってさまよっていた。
      状況がまったく把握できない中、自分の名前さえも忘れてしまっていることに彼女は気づいた。
      混乱しながらも、持っていたものから自分の名前が「早川」であることを知る。

      睦子社長が営む便利屋で働く恒平。
      年中酔っ払っているアル中のガンさんと仕事を共にする。
      ガンさんの素性は知れない。ただ怪しげなことに関しても何かと知識を持っている。

      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座