スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    犬はいつも足元にいて

    0
      評価:
      大森兄弟
      河出書房新社
      ¥ 1,260
      (2009-11-07)

      芥川賞の候補になっていたことで初めて名前を知った大森兄弟。
      たまたま見つかったので読んでみた。

      なんというか、人間の本能的嫌悪感をくすぶられるような小説。
      主人公の少年はものすごく冷めていてというか冷徹?冷血?で、
      でも感情がないわけではなく、楽しくおもったり強烈にむかついたり。
      周りの人間が抱く感情を良く心得ていて、うまく利用する、受け流す。
      自分もまるでこう見えるように、なんて意識しながら行動する。


      目立たない雰囲気、風貌の彼は隅っこの方で地味な子たちと四人で一緒にお昼を食べていたのだが、
      二人が不登校になり、少年とサダだけが残された。
      サダは少年にまとわりつく。
      自分のことだけしか見ていないサダ。
      なかなか思い通りにいかない少年に苛立ち
      あの手この手を繰り出す。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座