スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    悼む人

    0
      評価:
      天童 荒太
      文藝春秋
      ¥ 1,700
      (2008-11-27)

      途方もなく優しくて、悲しくて、切ない物語。

      「悼む人」、坂築静人。
      彼は全国の亡くなった人、場所を周って亡くなった人間を「悼んで」いる。
      亡くなった人間を知っている人がいれば、
      ・誰に愛されていたのか
      ・誰を愛していたのか
      ・どんなことをして人に感謝されたことがあったか
      を尋ねる。

      死と生の境界に立ち、半ば修行僧のように淡々と旅を続ける静人。

      自分では絶対にやらない。
      でも、彼の生き方は尊敬できる。
      だれかこんな人間が居てくれたら、
      大切な人が死んだら、自分が死んだら、ほかの人間と同じように悼み、
      彼が生きていてくれる限り覚えていてほしいと思う。
      続きを読む >>


      PR
      calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      recent trackback
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM
      JUGEMのブログカスタマイズ講座