<< こころげそう 男女九人 お江戸恋ものがたり | main | せん‐さく >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    本からはじまる物語

    0
      評価:
      恩田 陸,今江 祥智,朱川 湊人,三崎 亜記,有栖川 有栖,二階堂 黎人,阿刀田 高,本多 孝好,内海 隆一郎,梨本 香歩,篠田 節子,市川 拓司,石田 衣良,山崎 洋子,大道 珠貴,いしい しんじ,山本 一力,柴崎 友香
      メディアパル
      ¥ 1,365
      (2007-12)

      参加している作家さん、
      恩田 陸,今江 祥智,朱川 湊人,三崎 亜記,有栖川 有栖,二階堂 黎人,阿刀田 高,本多 孝好,内海 隆一郎,梨本 香歩,篠田 節子,市川 拓司,石田 衣良,山崎 洋子,大道 珠貴,いしい しんじ,山本 一力,柴崎 友香
      それぞれ持ちページは10ページ。
      ショートショートの力量が存分に試されちゃう
      作家さんとしても怖いんじゃないかなぁ?と思ってしまう本。

      個人的によかったなぁと思うのは、
      恩田陸、三崎亜記、いしいしんじ、梨本香歩。

      一番意外で、すごく引き込まれたのが梨本香歩さんの一遍。

      恩田陸さん、三崎亜記さんは似たようなモチーフだった。
      飛ぶ、本。
      恩田さんの場合は本自体が森にすむ生き物のようで、
      三崎さんの場合は、役目をおえて飛んでいく鳥のようだった。

      アンソロジーは新しい作家さん(自分の中で)いないかなーと思って
      探すことが多いんだけど、
      今までアンソロジーを読んで別の作品を読んでみたことって
      ほとんどないなぁ。探していて目に付くことはあるけれど、
      手に取るほどのインパクトはなかった。

      梨本さんのものは、「失われていく部分、集約されていく部分」て感じ。
      ずっとほのぼのやわらかな文体が多かったんだけど、
      全然知らない一面を見させてもらった!
      これ路線の新作、出ないかなぁ!是非読みたい。

      一話が短いから、電車で読むのにはすごく向いている。
      家でじっくり読むのには物足りないなー。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 19:45
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座