<< 殺人の門 | main | ZOO >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    賢者の贈り物

    0
      評価:
      価格: ---
      ショップ: ---

      昔話、童話、神話など有名な話をモチーフに
      現代風にアレンジした小説。短編集。

      前編に出てくるのは、磯風という女性。
      OLだったり、一児の母だったり、高校生だったり、様々。
      多分同じ人物だけど、同じ人物じゃない。
      物語を導くために現れたような人。

      何かよくわからない不思議とも思えるような出来事に
      主人公たちは出会う。
      そこで磯風が登場する。
      彼らは顛末を話し合い、想像し、一番ふさわしいであろう現実を推理する。
      謎解き要素が強いから、一応ミステリなんだろう。
      でも会話の中でほとんど解決してしまうので、
      本当のことはわからない。
      いくつもこれかもしれない案を出し合って
      いや、それじゃ辻褄が合わないよねなんていいながら
      最終的には(私には)突飛に思える結論を導き出す。

      会話で話を進めるのは悪くないと思うし、
      昔話をモチーフにするのも面白いと思ったんだけど、
      正直書く技量が足りないと思った。
      会話ならそれなりの活かし方がありそうなのに。
      短編集なのに、途中で読み止めることが何度もあった。勢いがないのかな?

      でも雰囲気はほのぼの。
      やりとりもまあまあ面白い。

      うーん、前回読んだ「BG、あるいは死せるカイニス」とは全く違う雰囲気。
      でも書き方はすごく似ている。
      読者に伝えようというよりも、自分が書いていて楽しいという印象を受ける。

      もう何冊かトライしてみようかな。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:51
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座