<< ゆれる | main | チェーン・ポイズン >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    扉は閉ざされたまま

    0
      本格ミステリー。
      いかにも、ってほどミステリー。

      主人公は大学時代の仲間たちの同窓会に参加した伏見。
      この仲間たちとは、酒(または肴)をかすがいにして繋がっていたのんべいグループ。
      プロローグで、伏見は仲間の一人、新山を殺害する。

      時間はさかのぼり、久々の出会いからスタート。
      頭の回転が速い伏見。それより上手かと思われる女性、優佳。
      何も気づいていないほかの仲間たちを尻目に
      二人だけの頭脳合戦が始まる。

      ミステリーとしての構成はすごくいいと思う。
      出てくるもの一つ一つが伏線で、まきびし。
      あるものをフル活用して、状況に対応して行動していく、伏見。
      そんな伏見の予想をはるかに超えた行動を起こしていく優佳。

      いや、だけどさ。
      あんまり伏見頭いいようにみえないんだ。
      そもそも、殺人を犯すリスクを考えたら、
      それ以外の方法で目的を達する方法がたくさんあったと思うのに。
      動機にしては、薄すぎる。
      世の中にはこういう人いっぱいいるよね。なのに、殺すのは仲間だけなの?
      そんなことも思いつかないほどなら頭悪いよね。

      対して優佳の行動はすさまじすぎる。
      本当に頭がいいなら、それを表には出さないはず。
      ここまでアピールしてしまうとかえって周りの人たちは警戒してしまうと思うよ。
      そんでもって本当に頭がいいなら、伏見なんかに惹かれないはずだよ。

      と、設定上の突っ込みどころが多すぎた。

      臓器提供をするためには健康な体を維持しなきゃいけない。
      その理論はわかるし、賛同するけど、過剰に気にしすぎるのは
      自分は生きるために生きてるんじゃなくて、死ぬために生きてるようなもんじゃないか。
      自分のために生きるんじゃなくて、誰かのために死ぬみたいじゃないか。
      私は臓器提供賛成派だし、自分でもしたいと思うけれど、
      あくまでそれは「自分が死んだ時についでに誰かの役に立てたらラッキー」くらいのものだ。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座