<< 乳と卵 | main | 家日和 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    金色の野辺に唄う

    0
      評価:
      あさの あつこ
      小学館
      ¥ 1,470
      (2008-05-31)

      あさのあつこさんがカテゴリーになくてびっくりした。
      ずいぶん久しぶりに読んだみたい。

      あさのあつこさんの本は感動を誘うようなものが多いけど、
      作りこまれたうさんくささのようなものは感じない。
      素直に感動できる。
      なんでかなぁ、と思ったら、主人公がきちんと不幸にもなってるからだ。
      ものすごく嫌なことがあってそれを乗り越えて報われる。

      由緒ある家柄、藤崎家。
      一番年かさの松恵が92歳で亡くなる。
      松恵には三人子供ができ、
      その末娘に松恵とも、故人である夫とも似つかない恐ろしいほど美しい奈緒子がいる。
      奈緒子と別れた夫伸人との間には二人子供がいて、
      そのうちの一人、充とその息子東真、充と再婚した美代子、充と美代子の間に生まれた亜矢が
      一緒に暮らしている。
      かつて充が妻と死に別れた頃、東真は松恵、奈緒子と共に暮らしていた。
      そのおかげで松恵にとって特別なひまごであった。

      松恵はとても苦労する人生を歩んできた。
      藤崎家は外から見るのとは違い、実は火の車で、
      奈緒子があまりにも美しく夫に不貞を疑われる。
      それでも、彼女はすごく穏やかで美人だ(内面の話)



      死をきっかけにしてそれぞれが未来を想ったり、
      半生を振り返ったり、松恵が与えてくれたものに感謝したりする。

      年を重ねてこんな風になれたらいいなというお手本のような松恵。
      かつての苦労を誰かにぶつけるわけでもなく、
      さりげなく暖かく周りの人間を見守り、導いていく。
      ものすごく好きだった絵を描けなくなった東真。
      後妻に入る時に「珠を持ってるね」と言う言葉に救われた美代子。
      花屋で働く小波渡は暗い過去を持っていたが、松恵の優しさで持ち直す。
      奈緒子は痛みを抱えたままずっと生きていた。あがいたらいいじゃないかと諭される。

      こんなにいい人であったとしても思い通りに行かないことはたくさんあって
      娘や孫たち、愛するものの苦しみをずっと見続けてきた。
      そうして伸ばされた手をそっと引いてやっていた。
      これだけ不幸なんだから、もう幸せにしてあげてよ、と願ってしまう。

      こんなおばあちゃんいたらなぁ。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 14:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座