<< ラットマン | main | 十二の嘘と十二の真実 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    青い繭の中でみる夢

    0
      評価:
      山之内 正文
      双葉社
      ---
      (2004-07)

      現実を拒否して逃げ込んだ繭の中でみた夢は
      もちろん悪夢だったんだろう。
      悪夢の覚めた先にはこれまたひどい現実があって
      監獄と言う他者からの支配を受けて初めて少しだけ楽になれるのかもしれない。

      そんな話。

      山之内正文さんは初めて読んだけど、とても面白かった。
      ストーリー展開がさくさくしていて気持ちがいい。

      私立風の花幼稚園で働くベテラン保育士、狩場諒子。
      その幼稚園に通うおとなしい寡黙な園児が一人失踪する。
      近くの公園にお散歩中の出来事だったが、誰も目撃者がいない。
      しばらくして彼の祖父から「父親が連れ帰った」と連絡があるが、諒子は不審に思い調べ始める。

      諒子の一人息子、篤志。
      彼は友人の純也と共に、ある女性の元を何度も訪れていた。
      女性の名前は、楓。16歳で子供を生んで、現在は二十歳。
      純也の父親は運転手をしていて、楓は雇用先の一人娘にあたる。
      楓はひきこもっておかしな感じになっている。
      小さい頃よく遊んでもらった純也は楓を心配し、篤志は純也を手伝い彼女のことを調べ始めた。

      失踪した園児の母親が楓なわけだけど。
      ネグレクトってよく聞くけれど、
      復讐のために子供を使うのは本当にひどい。
      なんだか胸が苦しくなる。
      四歳の正吾が早くも自立しないと生きていけないと悟っているなんて悲しすぎる。

      偶然が重なりすぎているような展開だけど、
      そんなに気にならなかった。
      諒子と篤志がそれぞれ同じ問題を同じタイミングで別方向からアプローチしていたのは偶然だけど、
      入る入り口は全然別口だったのと、
      双方努力の上でそこにたどり着いていたからだと思う。

      諒子と篤志の関係は親子なんだけどさばさばしていて、
      でもお互いちゃんと信頼しあっているのがすごくよかった。
      悲惨な親子とは対照的にそういう風にしているのだと感じたけど、
      自分に子供ができたらこういう関係になりたいなぁ!

      最後の展開は読めなかった。意外。
      でも、正吾が悲しすぎる。

      他の作品も是非読んでみたい。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 20:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座