<< タペストリーホワイト | main | 追伸 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    八月の熱い雨 <便利屋<ダブルフォロー>奮闘記>

    0
      山之内正文さんの二冊目。
      私は新しい作家さんの本を手につけたら、必ず数冊は読む。
      (相当面白くなかったものは別として。)
      前に読んだ、青い繭の中でみる夢
      がなかなか良かったから、他のも読んでみたくなった。

      便利屋、「ダブルフォロー」を営む主人公、皆瀬泉水。
      犬の散歩だったり、引越しの手伝いだったり、普段は便利屋らしい仕事をしているが、
      時々謎解きのような依頼が彼の元に舞い込む。

      便利屋と名前がついているけど、探偵ものとあまり変わりがないかな。
      五つ、依頼があって最初の依頼者である女子大生亜季がその後バイトとして時々加勢する。

      感想は、うん、面白かった。
      でも、正直もう一つくせが欲しい。
      謎ときはしっくりとくるし、納得できる。
      さくさくと読みやすい。
      でも、泉水の感情だったり、面白みがちょっと足りないかなー。
      これからの作品はもっと面白くなりそう。期待。
      一番好きなのは、最後の「約束されたハガキの秘密」
      泉水の高校時代の数学教師から、将棋の相手をするように頼まれ、
      暇を見つけては対局に彼の自宅を訪れる。

      先生は、郵便将棋をしている。ハガキに次の一手を書いて、対局者に郵送する。
      それをやりとりして勝負を決める。
      長年相手をして特別な存在となっていた郵便将棋の相手、岩菅さんから
      前触れもなく高級な将棋盤が送られてくる。おそらくその価値五百万円。
      急に連絡の取れなくなった岩菅さんを心配し、その将棋盤を返すために
      泉水と先生は彼の元を訪ねようとする。

      なんだか、すっきりとうまくまとまっていて良かった。

      テーマがそれぞれものめずらしいと言うか、
      あまり見聞きしたことがないようなことだから
      すごく面白く読めた。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 21:09
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座