<< 八番筋カウンシル | main | 海鳴 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    温かな手

    0
      評価:
      石持 浅海
      東京創元社
      ¥ 1,470
      (2007-12)

      SF?ミステリ。

      健全な心を持った人間のエネルギーを吸収して生きる生物
      見た目は人間そのもので、とても美しい容姿をしている彼ら。
      周りにばれないように普通に働いたり学生をしたりしている。

      大学の研究室で助手をしている畑寛子の元にはギンちゃんという「彼」がいる。
      ともに生活をして、余剰なエネルギーをギンちゃんが吸い取る。

      サラリーマンの北西匠の元には、ムーちゃんという「彼女」がいる。
      同じく、健全なエネルギーをもらって生きている。

      そんな彼らには不思議な事件が舞い込む。
      それを鮮やかに解決していく、「彼ら」
      うーん。
      読んでいる間はさくさくといけるんだけど、
      読み終わると疑問だらけ。
      わざわざこの設定にする必要があるのかな?とか。
      石持さんの本は何冊か読んだけど、
      設定を生かしきれていないというか、疑問に思ってしまう箇所が
      すごく多く残る。

      なんだか平凡な人間のもとにこうも不可思議な事件が舞い込むこの感じ、
      金田一やコナンを思い出すよ。
      こんなに人が死んだらだめでしょーみたいな。

      謎解きは、それなり、かな。
      やや強引な気もする。
      納得はできるんだけど、あまり心に残らなかった。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 15:42
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座