<< 切羽へ | main | 鴨川ホルモー >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    エンド・クレジットに最適な夏

    0
      ミステリらしいミステリ。
      貧乏大学生、春也。
      生活費を浮かせるために一緒に暮らすがたいのいい男、俊喜。
      二人は貧乏でない大学の友人和臣に相談を持ちかけられる。

      ある女の子が変質者に付け回されている。
      そうされないようにしてくれ、報酬は払う、と。
      依頼者の美羽はキャバクラでアルバイトをしている。
      おそらくそこで客としてきた男が変質者なのだろうと検討を付け、調べ始める春也。

      しかし、それはそう簡単なことではなかった。
      一つの事件の裏に、また事件があって、
      その裏にまた裏が会って、表を利用して・・・みたいな
      永遠に謎が謎を呼んでいきそうな感じのストーリーだった。

      被害者だと思っていた人間が実は加害者でもあって、
      春也自身も荒れていた中学の中で生き抜いた加害者であった。

      最後がすごく良くまとまっていたから読後感がすっきり。
      だけど、すっきりすぎてそんなに印象に残らないかもしれない。
      でも、勢いと、ストーリーの構成と、文章の上手さはすごい。

      他のものも読んでみたいな。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 11:47
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座