<< エンド・クレジットに最適な夏 | main | 天神のとなり >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    鴨川ホルモー

    0
      評価:
      万城目 学
      産業編集センター
      ¥ 1,260
      (2006-04)

      ホルモー六景を先に読んでしまったから
      そう思うのかもしれないけど、
      「なるほど、こういう話だったのか」という感想。

      やっとの思いで大学に入学した主人公、安部は京都三大祭の一つ、葵祭であるバイトをした。
      その日、同じバイトをしていた高村と友人になり、二人そろって京大青竜会というサークルに勧誘された。
      怪しげだとおもいつつも、新歓コンパに参加した先で、
      ある女性に恋をした。
      そのおかげで結局京大青竜会に居座ることになってしまった。

      周りから囲んで、気づいたら逃れられない、ホルモー。
      不思議な生物?オニと契約を交わし、戦いあう、ホルモー。
      膨大らしい「オニ語」があまり出てこないので寂しかった。
      映画は見ていないんだけど、戦いの部分どうしたんだろう?

      サークル内での恋は本当に面倒くさいものだと思う。
      京大青竜会の場合、失恋して抜けたくても抜けられないのでなおさら。

      はっきり言って、そんなに中身はない話だと思う。
      だけど、この奇想天外なアイディアはやっぱり面白い。
      どうやってこんなこと考え付いたんだ?って素直に感動する。
      そこに普通の恋だったり喧嘩だったりサークルらしさだったりが混ざってくるからより楽しい。
      ついでに、ばかばかしさもハンパない。
      なんで真冬の神社で裸踊りをするんだ。
      儀式だっていうんだったら男だけじゃなくて、女もするべきじゃないの?
      なんてそのあたりが妙に女性に優しくて笑える。

      楠木ふみはホルモー六景にも出てきたからよくわかったけど、
      こういう優秀な不器用な女の子はかわいい。




      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 12:05
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座