<< どこから行っても遠い町 | main | ちょいな人々 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    いっちばん

    0
      評価:
      畠中 恵
      新潮社
      ¥ 1,470
      (2008-07)

      「しゃばけ」シリーズ第七弾。
      いつもの通り、超病弱若だんなと妖たちの愉快な物語。

      いつもと同じ、なのだけど、今までの短編集のなかで一番好きかも。

      どれもいいから特にこれが、というのが選べないなぁ。
      それにしても、若だんなはいつまで経っても構われすぎていてかわいそう。
      少しずつ物語りは進んでいるから、
      時は経っているはずなのに、彼の立ち居地は変わらない。
      女性の影は見えず、にいやたちにひたすら干渉される。

      以前は順番をばらばらに読んでいたけど、
      これはやっぱり順を追って読んだほうが面白い。
      特に「いっぷく」「ひなのちよがみ」は以前の作品の出来事が大きく関わってくるからなおさら。
      「いっぷく」では、以前若だんなが死に掛けた時に
      三途の川で出会った若者と再会する。
      江戸に新規に店をだした唐物屋二つと品評会を行う。
      この時代でも地域によって売れ筋が変わってくるのだなぁと面白かった。

      「天狗の使い魔」は、わがまま傲慢な大天狗に若だんなが拉致される。
      若だんなは必死で天狗の要求を探り賭けをふっかける。
      天狗は妖じゃないのか。知らなかった。

      「餡子は甘いか」は絶望的に菓子作りが下手糞な栄吉が
      修行先で味わう挫折と再生。
      舌が悪いってホント向いていないんじゃないか・・・と思ってしまうけど
      努力が続くのはすごい。いつか報われて欲しい。


      ものすごく感情移入してしまう。
      若だんなのまわりのひとがいつでも幸せでいてほしい。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 16:31
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座