<< 女王の百年密室 | main | 儚い羊たちの祝宴 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    きのうの世界

    0
      評価:
      恩田 陸
      講談社
      ¥ 1,785
      (2008-09-04)

      恩田陸さんらしい物語。
      でも、彼女の作品のなかでも完成度の高いものだと思う。
      最後まで期待を裏切られなかった。

      東京から遠く離れた昔ながらの街、M町。
      M町にある水無月橋で東京で会社員をしていた真面目な穏やかな男が死体となって発見された。
      彼が誰にも言わず姿を消した一年後、
      彼の人生とは縁のない(と思われる)この街で、
      誰が、なぜ市川吾郎を殺したのか。

      「塔と水路の町」を自称するM町には、
      大きな「一の塔」「二の塔」、そして壊れたままの「三の塔」がある。
      そして町全体に水路が張り巡らされている。
      それらを管理しているのは古くからその土地で旧家として名が通っている新山家。
      市川は色川と偽名を使ってM町に滞在していた。
      よそ者が街のことを嗅ぎまわるのは町民の目に付く。
      M町の郷土に詳しく歴史の教師をしている田中健三も
      市川の不思議な話や接触の仕方に不安を感じていた。
      が、その田中健三は市川の死体を第一発見者として発見し、
      その一週間後に心臓の発作で亡くなった。

      神の視点で描かれた町の形。
      市川の稀な才能。
      理由がわからないながらも何かにおびえる町民たち。

      市川は特殊な能力を持っていた。
      見たものを一瞬にして記憶してしまうという能力。
      それが普通の人とは違うと知ってからはそのことをなるべく話さず、
      自分の能力をコントロールする方法も身に着けた。

      市川の死後、しばらくして二人の人間がM町を訪れる。
      彼がどうして死ぬことになったのか、誰が殺したのか調べるため。
      一人は、市川とは知り合いの知り合いという微妙な間柄の女性。
      もう一人は市川の実の弟。両親が離婚したおかげで弟と市川吾郎は別々に暮らしていた。
      彼らが町に現れたことは、「鬼がくる」ことを意味すると新山志津は言う。

      情報過多の時代に市川のような能力を持っていたら本当にきついだろうな。
      記憶に自身のない私でさえ日々の情報におぼれそうなのに。
      過去の、色川こと市川吾郎の行動、人当たりのいい彼が町民に接触し、
      なんとなく不思議な雰囲気の会話ををする話、
      現在の、二人が市川の死の真相を調べるため、彼の行動をなぞってみる話
      その中でキーとなる話が脈絡なく飛び出してくる。

      ミステリーって最後に結末がわかって裏切られたーって感じることが少なくないのだけど、
      これはそういう風には思わなかった。
      そのまま不思議の世界に連れ込まれていってしまう。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 21:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座