<< エンドコール メッセージ | main | カフーを待ちわびて >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    夢は枯れ野をかけめぐる

    0
      評価:
      西澤 保彦
      中央公論新社
      ¥ 1,680
      (2008-08)

      なんだかふとしたときに読んでしまう西澤さんの本。
      読後感が気持ちが悪いものが多いのに、何でだろう。

      これは、他の作品とは少し違う。
      雰囲気が優しい。

      主人公の羽村祐太は48歳で早期退職希望者になり、会社をやめた。
      草食系的な男で、妻も子供も両親もいない。
      勤めていた百貨店では気配りができ、腰の低いできる男として見られ、
      とんとん拍子で出世した。
      ただの小心者で周囲の期待が重かった彼は
      いつ何が起こってもいいようにひたすら貯金に励んだ。
      当分問題なく食いつないでいくだけの額は十分にある。

      そんな彼の日常に時々入り込んでくる他人の悩み、疑問。
      時間は十分にある羽村は親身になって彼らの話を聞いていく。
      最後まで解決を見るものは少ない。
      羽村と周りの人間との会話の中で謎が解決したように見える。
      短編集だけど、出てくる人間たちは繋がっている。
      次の物語の中で前回の正しさが語られてたり。

      人は何かを隠そうとするときに必死にそれらを正当化しようとする。
      だけど、そうそううまく行かない。
      どこかに綻びができる。
      それに気づいてしまうと考えるのをやめられない。
      真相を知りたくなってしまう。


      最後の二編のつなげかたが見事だった。
      すっかりだまされた。
      自然派レストランを経営する佐智子交通事故にあったという連絡を受け、
      病院を訪れた羽村。

      重症の佐智子は今までの物語を話し始める。
      昔を懐かしむように優しくそれを聞く羽村。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 09:45
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座