<< ブラザー・サン シスター・ムーン | main | 日暮らし(上)(下) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    スナッチ

    0
      評価:
      西澤 保彦
      光文社
      ¥ 1,785
      (2008-10-22)

      発想や設定が最高に面白い!
      もしこんな状況があったら・・・といろいろ想像してしまう。
      西澤さん自身がそうなった場合の世界の変化とか対応とかを描写しているけど、
      まだまだ想像力の余地は残ってる。

      ストーリー展開はもちろんきちんと構成されていて
      最後まで行き着くことなく充実して読めるのだけど、
      それよりも興味を惹かれたのが、
      ひごろ私たちが生活するうえでさらされている危険、
      病気などの認識の間違いの可能性。
      論文ほど堅苦しくないが、新しいニュースを読んでいるような感覚もあった。
      1976年1月16日。
      奈路充生は高知市にいた。
      付き合っている美和子に会うためだ。後々結婚するだろうと信じていた。
      その日、約束した場所に現れたのは美和子の知り合いの楡咲純花という女性だった。
      美和子は親戚に不幸があったらしく、知り合いの純花がそのことを伝えるためにやってきた。
      予定が空いたので一緒に飲み、
      その後二人は雨に打たれた。銀色の。
      そして意識を失った。

      次に奈路が目覚めたのは、2008年。
      彼は自由に動いていた、奈路の意識とは別に。
      ”僕”は奈路に淡々と説明をする。
      ”僕”はあの銀色の雨と同時に奈路充生として成り代わった新たな人格。
      そういう人間は「ベツバオリ」と呼ばれている。
      奈路を打った銀色の雨は宇宙人で、打たれた人間はみな身体をのっとられた。
      しかし、なんらかのショックを受けると元の人格が戻ることがある。それを「サシモドシ」と呼ぶ。
      サシモドシを受けると一つの体の中に二つの人格があることになり、
      両方にとって過大なストレスとなる。それが癌を引き起こし、死に至る。
      ベツバオリの人間は普通の人間と比べてもろい。
      そのため沢山のことを制約しながら生きている。

      美和子とは結婚したが、離婚した。その驚愕の事実を知りながらも連絡を取りたいと”僕”に頼んで電話をしてもらうと、美和子が殺されたことを伝えられる。
      美和子の他にも何人もが殺されていた。一見関連性の見えない被害者だったが、現場には同じ指紋が残っていた。

      自分にもかかわりがあるのじゃないかという勘が閃き、行動する。
      迫る命のリミット。
      浦島太郎のような奈路。
      ”僕”にとっては降ってわいた不幸のようなものなのに、不思議と元の人格に丁寧で優しい。

      SFミステリ、でいいのかな。
      結末も意外だったけど、ちゃんと示唆するものはまかれていた。
      最後はすこしこじつけっぽかったけど、
      読み物としてとても読み応えのある本だった。

      素朴な疑問だが、ベツバオリ同士が性交できなくて、二世もその危険がある。
      それって差別の対象にならなかったんだろうか?
      ま、あくまで創作の世界だからしょうがないか。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 18:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座