<< アカペラ | main | ヒトリシズカ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    スナーク狩り

    0
      評価:
      宮部 みゆき
      光文社
      ¥ 650
      (1997-06)

      あけましておめでとうございます。
      今年ももりもり本を読む予定です。

      昨年図書館が休みに入ってしまう前に借りてきた本たちなので、読んだのは昨年。
      その後、うっかりブックオフに行ってセールをやっていたのを口実に五冊くらい買ってしまった・・・。
      読むのはたのしいんだけど、買ったものはここに書くのがめんどくさいと葛藤中。

      とりあえず「スナーク狩り」
      複数の物語が絡まりあって最後まで突っ走っていく。
      疾走感のあるストーリー。
      宮部みゆきさんの少し昔の本は久しぶりに読んだけど、
      そういえばこういうサスペンスものが多かったなぁと思い出す。

      主には、三つのストーリーだと読めた。
      関沼慶子は元恋人、国分慎介の結婚式場に散弾銃を持ってきていた。
      うなるほどの金を持つ慶子を利用し、司法試験に合格した途端慶子を捨てた慎介。

      織口邦男は悲しい過去を背負っていた。
      それをあることがきっかけで聞くことになった仕事場の同僚、佐倉修治。
      その夜の織口はなんとなくおかしいと修治は感じた。
      織口の過去を知るだけに嫌な予感がした修治は、織口の後を追いかける。

      織口は自分の眼で確かめようとしていた。
      憎む奴らが本当に更生する気があるのかどうか。
      そのために、じかに奴らに会う必要があった。
      そしてどうしても銃が必要だった。
      「スナーク」とは、ルイス・キャロルが書いた作品の中に出てくる
      正体のはっきりしない怪物の名前、らしい。

      この物語に出てくる人間はみんなスナークに似た怪物を心の中に飼っていた。
      それがそれぞれのきっかけにより体現してしまった。
      確かに言われて見ればそんなストーリー。

      人間の心理描写はさすが宮部さんという感じ。
      ひとが憎悪に燃えて怨念と化すところ、
      それを人間に戻す別の人間の心、行動。
      ただ、やっぱり最近の作品と比べると「甘い」と感じた。
      織口は普段はいい人で職場では「お父さん」と呼ばれるほどだったが、
      そこまで思いつめるほどだったのを誰も察知できなかった。
      普通はいい人であればあるほど、そういう闇みたいなものを外に出してしまうものだと思う。

      修治と範子(慶子の元恋人の妹。兄を嫌っていて、慶子にずっと好感を寄せていた)
      は完全に巻き込まれた形だけど、
      修治なんて完全にスナークになってしまった。
      修治がけりをつける最後はなんとなく納得がいかなかったなぁ。
      傍観者でいて欲しかった。範子と同じように、最後まで。

      なんにしても、すごいと思う。
      いろんなリアルがちりばめられている。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 21:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座