<< 狐火の家 | main | マジシャン >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    かけら

    0
      評価:
      青山 七恵
      新潮社
      ¥ 1,260
      (2009-10-01)

      タイトルのままの物語。
      ピース。
      それだけでは物語を形成しないひとかけら。
      だけど、何か心にひっかかるとっかかりみたいなもの。

      伝えたいことがあるのかないのかはよくわからない。
      感じるものはあった。
      他の人が感じるかわからないし、もし何か感じたとしても
      それが私と同じものだとは思えない。
      こんなに何にも繋がらない物語って久しぶりに読んだかもしれない。
      すごく新鮮に感じた。
      嫌いな人は嫌いだと思う。
      特に男の人は苦手なんじゃないかな?
      目的も終着点もないままに突如として終わって始まるような感じ。

      後日談がある話も一遍あったんだけど、
      ストーリーの中で出てきた内容が彼らの日常に何にも変化を与えているように思えなかった。
      もしかしたら忘れられてしまうような日常。
      でも、人によっては強く印象を残す残像。

      「かけら」
      父と二人でバスツアーに行くことになった桐子。
      本当は家族五人で行くはずだった。父とは何を話していいのかわからない。
      ただ、最近趣味にしている写真を撮るために行くことを決めた。
      ひょろりと背の高い父。
      長い時間を共有しているはずなのに、積極的に関わってこなかったために
      父個人を知らない桐子。
      こんな人だったっけ?という断片をつなぎ合わせたようなツアー。



      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 05:49
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座