<< 骸の爪 | main | 太陽の坐る場所 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    待ってる 橘屋草子

    0
      評価:
      あさの あつこ
      講談社
      ¥ 1,680
      (2009-02-05)

      深川元町にある料理茶屋、「橘屋」
      名の知れた料理がおいしい純粋に料理を楽しむためにある店。

      多くの女たちが奉公している。
      彼女たちを管理しているのは仲居頭のお多代。

      ひたすらに厳しい。
      だけども、彼女のおかげで橘屋が成り立っている。

      橘屋に奉公にでたおふくの話から始まる。
      貧しいゆえに食うのさえ困る時代。
      食い扶持がなくなれば滅びるしかない。
      奉公場所という安定した場所におふくを置いて家族は出奔してしまう。
      厳しくて、厳しくて、でも温かい。
      お多代がきっと一番生きていくことの大変さをわかっていて、
      それに耐えられるように、最悪の事態を迎えないようにと
      彼女たちを守っている。

      夫が病気のために働けなくなったり、
      身分の違う相手と駆け落ちしてきたり、
      酒びたりになり何もしてくれない父親、
      両親に売られた女の子

      命を賭してまで店を守ろうとするお多代は
      才覚のあるおふくをきつく仕込む。
      その心をおふくは強く理解して受け入れる。
      彼女自身の幸せを捨ててまでもお多代と同じ道を歩もうとする。

      どうしてそこまで、って思う。
      でもやっぱりわからないだろうな。
      こんな平和ボケした時代が当たり前だと思っていたら。

      笑いどころはすごく少ない。
      感動ポイントも不幸の割には少ないと思う。
      どこまでも現実だと思った。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 21:32
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんにちは。同じ本の感想記事を
        トラックバックさせていただきました。
        この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
        お気軽にどうぞ。
        • 藍色
        • 2010/10/19 5:06 PM
        こんにちは。
        トラックバックありがとうございます。

        トラックバックさせていただきます
        • keyro
        • 2010/10/26 1:26 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        待ってる橘屋草子 あさのあつこ
        あきらめない。少女の成長に心がふるえる! 江戸・深川元町の料理茶屋「橘屋」に奉公する12歳のおふくは、 厳格な仲居頭であるお多代の下...
        • 粋な提案
        • 2010/10/19 5:05 PM
        PR
        calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座