<< 廃墟建築士 | main | 名前探しの放課後(上・下) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    きりこについて

    0
      評価:
      西 加奈子
      角川グループパブリッシング
      ¥ 1,365
      (2009-04-29)

      美しく裕福でおしゃれな両親のもとに生まれついた
      ぶすな女の子。
      両親はきりこと名づけたその子を溺愛し、
      かわいい、かわいいと囁き続けた。本心から。
      おかげできりこは自分のことをかわいいと信じていた。

      生まれながらに持ったカリスマ性で、
      周囲の女の子たちを巻き込んで女王のような居場所に坐っていた。
      幼稚園、小学校までは。

      黒猫を拾った。
      それにラムセス鏡い般召鬚弔韻拭
      彼女は猫たちと会話ができるようになった。
      そして自分を鏡で見続けた。
      猫は実は人間よりもはるかに高尚で、
      何が起こっても「わかっている」
      夢の中で未来をみることもある。
      猫と交流するうちに同じような能力(?)を身に着けたきりこ。

      自分がぶすだという見た目を受け入れ、
      悲しみに共振する夢を受け取りその人たちを救いに行く。

      ただそこにいること。
      ありのままの愛情を受け入れること。
      外見や行動だけを安易に飲み込むのではなく、
      その人の本当の心を見ること。

      きりこは強い。
      自分をそのまま受け入れることがどれだけ難しいか。
      他人に否定されたらそれは強く自分の中に残り続ける。
      それに反発してまで自分のやるべきことを全うできる人間はなかなかいない。

      西加奈子さんの本は優しいなぁ。
      こんな子なかなかいないけれど、いてもおかしくない。
      周りを巻き込んで幸せに連れて行く強大なパワー。
      現実的に、優しい。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 19:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座