<< 千里眼 洗脳試験 | main | 蒼い瞳とニュアージュ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    デカルトの密室

    0
      評価:
      瀬名 秀明
      新潮社
      ---
      (2005-08-30)

      瀬名さんの名前は「パラサイト・イブ」で知っていた。
      読書家の弟が面白いよと推薦してくれたが、
      うーん、この本で言えばそこまで・・・という感じ。

      AI、ロボットを開発する研究者、尾形祐輔。
      彼の開発したケンイチと名づけられたロボットは
      少年の見ためで、尾形や彼の共同研究者である一ノ瀬玲奈からさまざまなことを学習してきた。
      尾形はメルボルンで行われるAI開発の大会に来ていた。

      尾形は今までケンイチや玲奈と一緒に巻き込まれた事件のことを小説にしている。
      その編集者、奥山友美も尾形とともにメルボルンに来ていた。

      かつて尾形に強烈な印象を残し、事故に遭って死んだはずのフランシーヌ・オハラ。
      彼女は完璧なロボットを引き連れて参戦してきた。
      彼女はAI開発研究者に波紋を投げかけた。
      「知能」とは何か。「人間らしさ」とは何か。

      鉄腕アトムとは違う、リアルなロボットの話。
      彼らは重量感を持ち、あまりにリアルすぎると人間の方が嫌悪感を持ち始める。
      ケンイチは賢く、やさしく育てられた。秩序や倫理を教えられた。
      そんな彼がフランシーヌを撃ち殺した。

      死んだことで開放されたフランシーヌのプログラムはネットを介して世界中に広がり
      再生を重ねるごとに進化を続けた。
      フランシーヌのスポンサーであった「プロメテ」という企業
      フランシーヌとともに事故に巻き込まれたはずの真鍋浩也。
      プロメテの代表である青木、そして彼の死。

      ロボットが「私」という自意識をもつこと。
      結局は科学の枠を超えて哲学的な思想に寄り添うことになる。
      身体という檻に閉じ込められた唯一無二の「私」
      開放される方法。

      なーんか、とにかく小難しい。
      哲学って嫌いではないのだけれど、ここまで前面に押し出されると拒否心がむくむくと・・・。
      よくできた話だと思う。
      ミステリーとはいいにくいけれど、人が死に、その理由を解明していく尾形と玲奈、ケンイチ。

      フランシーヌも、真鍋も強く自由であることを望み、
      それのために自分が死ぬことさえ厭わず、ケンイチもそのために利用しようとする。
      自由、自由・・・ねぇ。
      人間であることさえも、ひいてはこの地球からも宇宙からも自由になる
      唯一無二の私ではなく、複数の共有された「私」
      でもそれって結局強い自己顕示欲なんじゃないの?
      欲求があることが人間であり自由であることの証明なんじゃないの?
      自分が自由になりたいという欲求を持つことと、すでに自由である他人を巻き込むことは違う。
      檻の中にいることを忘れる「自由」というのが一番しっくりする。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 03:27
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座