<< 蒼い瞳とニュアージュ | main | 老人賭博 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    追想五断章

    0
      評価:
      米澤 穂信
      集英社
      ¥ 1,365
      (2009-08-26)

      すごくよくできている。
      ミステリー好きにはたまらないと思う。
      物語の全貌を追うのにほとんどの内容を費やされていて、
      主人公の心象がほとんど描かれなかったのが少しだけ残念かな。
      それでも、なぜ逃げるようにいてそこに留まりたかったのかという彼の背景
      失ったものを可南子とリンクさせた過程は見て取れた。

      古本屋、菅生書店は菅生広一郎が営んでいる。
      その甥である芳光は広一郎の家に居候して彼の店を店番程度ではあるが手伝っている。
      その店に、北里可南子という若い女性が現れる。
      「叶黒白」という筆名で書かれた短い小説を探しているという。
      ひとつは最近持ち込まれたものの中にあった。
      それを手渡すと、光義は可南子から奇妙な依頼を受ける。

      全部で五編あるはずの「叶黒白」の小説の残り四編を
      探してくれないか、と。
      叶黒白の本名は北里参吾。可南子の父だった。
      昨年亡くなった参吾の遺品を整理していたときに参吾が小説を書いていたことを知った。
      読者に結末を委ねるリドルストーリー。
      その結末を可南子は見つけていた。
      「アントワープの銃声」という事件の犯人ではないかと噂されたのが北里参吾だった。
      ベルギーのアントワープ市で参吾の妻、北里斗満子が首をつった状態で亡くなった。
      参吾に疑いがかかったのは、その直前に銃声が聞こえたから。

      芳光は参吾の小説をいくつか手に入れた後、
      その小説が何かに向けてのメッセージを含み、
      彼の関わった事件に深く関与しているのではないかと気づいた。
      そのため、小説の一遍を持っていた参吾のの友人に詳細な話を聞きに行く。

      事件のおかげで彼は世間からひどく誹謗を受けた。
      母を失った娘を連れて長野へ移り住む。
      しかし、彼はそこで起こった事実をどうしても吐露したかった。
      だが、その暴露によって、娘である可南子の将来になんらかの傷が残るかもしれない。
      苦肉の策として結末をあえて省いた内容を知人に断章としてそれぞれ送った。

      解釈しだいでどうとでもなる結末。
      月日が彼の憎しみを薄らせ、さらに大切なものを守ろうと決意した。
      可南子はただ、知りたかった。
      そして、芳光も気づいてしまった。

      誰一人救われることのない真実。
      逃げ出した芳光は現実に戻るしかなく、
      可南子は亡くなった父ともう会話をするすべはない。
      思い出と執着。と、残酷な事実。
      米澤穂信らしい終わり方だったなぁ。
      ただ、まだ救いがある分以前よりやさしくなってしまったのかも。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 05:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        この作品の中に仕掛けられた謎にワクワクしながら読み進めました。
        トラックバックさせていただきました。
        • 藍色
        • 2011/03/26 2:04 AM
        わかります!
        読み進めるほどに謎が出てくる不思議な話でした。

        トラックバックお返ししますね
        • keyro
        • 2011/04/06 11:44 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        「追想五断章」米澤穂信
        古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、報酬に惹かれてある依頼を請け負う。依頼人・北里可南子は、亡くなった父が生前に書いた、結末の伏せられた五つの小説を探していた。調査を続けるうち芳光は、未解決の...
        • 粋な提案
        • 2011/03/26 2:00 AM
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座