<< ベーコン | main | 今夜は心だけ抱いて >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    先端で、さすわさされるわそらええわ

    0
      川上未映子初読了。
      私は本を図書館で借りてくることが多いのだけど、
      人気のある人はなかなか借りられない(そりゃそうだ)
      この作家さんの本は芥川賞を取る前からずっと気になっていたのだけど、
      今回初めて出会えた!
      いや、予約とかすれば確実に出会えるんだけどね、
      なんというかその時の本との出会いを大切にしたいと言うか
      たまたま見つけたときのほうが感動が大きいと言うか
      ぶっちゃけめんどくさいというか
      なのでしないのです。

      で、この本。
      一言で言うと難解。
      同じ川上つながりの川上弘美さんが私は大好きで
      よく読むのだけど、
      初めて読んだ彼女の本が、「蛇を踏む」で
      その時の印象と近かった。
      なんだこれ、っていう。
      あと、たしかに芥川賞取りそうだ、っていう。
      また読みたい。

      短編集。
      一本目が一番読みづらい。
      どこからどこまでがつながっているのか
      何がどれを指してるのか
      私は理解しようとしなかった。あえて。
      とにかくリズムがすごい。
      感覚的にはホーミングっぽい印象だった。
      内なるものを垂れ流し?

      他のものは文章としては理解しやすいのだけれど、
      内容はやっぱり難解。
      意味はあるのか?ないのか?
      要約せよ、と言われても間違いなくできない。
      キーワードはわかる。
      そこからあっちこっちに飛んでいってどこに到着するのかわからない。
      ずっと物語が続くんじゃないかって思っているといつの間にか終わっている
      これも音楽っぽいね。

      おしっこを我慢するってのと人を殺してはいけないってのと
      考え的にはおんなじっていう箇所が衝撃だった。(「少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ」)


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座