<< バリア・セグメント 水の通う回路 完全版 | main | 楽園(上・下) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    わくらば追慕抄

    0
      評価:
      朱川 湊人
      角川グループパブリッシング
      ¥ 1,785
      (2009-03-26)

      昭和三十年代。
      上条和歌子(ワッコ)には姉がいた。
      病弱で学校もほとんど行けなかったが、鈴音は非常に博識
      そしてとても美人な自慢の姉だった。
      彼女は、不思議な力を持っていた。
      人や物に接すると、その過去を見ることができる。思っていることがわかる。

      「わくらば日記」の続き。
      短編集。
      鈴音は絶対にその能力を悪いことには使わない。
      身体にも負担がかかるため、普段は意識して封印している。
      そんな彼女とは違い、同じ能力を人を脅すために乱用する「薔薇姫」。

      かつて鈴音に会ったことがあるというが、その真相はわからないままおわる。

      辛い物語をその能力でたくさん見てしまうが、
      鈴音は強く、澄んでいる。
      たくましい妹に支えられているからかもしれないけれど、
      とても優しい。
      人間の悪い部分をたくさん見ながらも
      人間の良い部分を信じ続ける。

      温かい物語だと思う。
      なんだか物足りない気がするのは私がひねくれているからだね、きっと!


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 18:03
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        トラックバックの送付先が別の記事でした。
        削除となります。
        正しい記事への再送付をお願いします。
        • 藍色
        • 2010/10/26 5:11 PM
        大変申し訳ありませんでした。
        ご指摘ありがとうございます。
        あらためて正しい送付先にトラックバックさせていただきました。
        (つもりです。トラックバックなれていなくて・・・)

        せっかくトラックバックしていただいたのに削除処理させてしまって
        本当にすみません。
        • keyro
        • 2010/11/08 2:33 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座