<< わくらば追慕抄 | main | 楽園(上・下) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    楽園(上・下)

    0
      評価:
      宮部 みゆき
      文藝春秋
      ¥ 1,700
      (2007-08)

      「模倣犯」の前畑滋子がかつての事件のショックを乗り越え
      また新たな事件の顛末を追う。

      読み始めてかなり最初の方で、
      これは別の本のその後を含めた話なのだな、と気づき
      それが「模倣犯」なのだなとすぐ気づいたのだけど、
      そしてあいまいな私の記憶の中では「模倣犯」読んだはずなのだけど・・・
      恐ろしいほどにさっぱりきれいに内容を忘れてしまっている。残念すぎる!

      「山荘」と呼ばれる場所で起きていた陰惨な殺人。
      その犯人と、その事件の最後に立ち会うことになった前畑滋子。
      もともとライターとしてやっていた彼女はその事件で広く名を知られることになったが、
      彼女自身その事件について記すことは九年たった今でもできないでいた。
      彼女にとって大きすぎた事件のせいで、夫婦仲の崩壊の危機もあり
      彼女は書くことからも一時は遠ざかっていた。
      そんな彼女のもとに訪れた一人の「お母さん」、萩谷敏子。

      なくなった彼女の一人息子、萩原等は不思議な力を持っていた、らしい。
      彼は不思議な絵を描いた。
      これから起こる事件、まだ表ざたになっていない事件
      それらが彼の技量にしては拙すぎる絵として表されていた。

      一枚の絵がある事件へとつながる。
      焼けた家の下から少女の遺体が見つかり、その家の両親が
      娘を殺して埋めたと告白した事件。
      とっかかりと最後に行き着くところが全く違うところでびっくりした。
      最初からとにかく圧倒される。ぐいぐい引っ張られて
      物語の中に取り込まれていく。
      等の超能力はエピソードの一つへと変貌し、
      その代わりに大きく扱われる埋められた少女の上に脆く立っていた一つの家庭。

      おもしろい、けれど、なんだかもやもやする。
      すっきりするのにもやもやする。
      もともとこれは何のために作られた話なのだろう?
      等の力を証明するため?
      それにしては土井崎家に執着しすぎている。
      過去の滋子の事件を重く扱いすぎている。
      萩谷敏子の過去が暗く、せつな過ぎる。
      すべてを明らかにしたところで誰も幸せにならないとわかりきった物語。
      すべて読み終わったあと、前畑滋子が怖いと感じた。
      鋭く、強い。明るいのに、暗い。
      彼女が攻撃した後には何も残らない。自分のもとに現れないように、と願ってしまうそんな存在。


      埋められた少女の名前は土井崎茜という。
      殺人の時効は過ぎていて、両親は罪に問われることはないが、
      もう一人の娘、土井崎誠子の前からは姿を消した。
      誠子は真実を知りたいと願い、滋子に依頼をする。

      茜がいなくなった後平和になったはずの家庭を覆っていた闇
      夫婦が何より恐れたこと。
      萩谷等の過去を追う中でその闇がだんだんとあらわになってくる。

      誠子は優しいが、強い。
      すべてを失ってもこれから必ず立ち直るであろうという気がする。
      敏子はなくなった息子の記憶とともに穏やかに暮らしていくのだろう。
      滋子はまた荒波の中にもまれに帰ってきた。

      なんだかやっぱりもやもやするなぁ。

      一番大きな疑問だったのが、等の力は人の記憶や感情を見るものだと
      どうしてわかったのだろう?
      未来を予測する類のものであってもおかしくはないし、それの検証は全くなされてないのに
      人の記憶を読む、と一気に断定されていておかしく思った。





      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 02:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座