<< 宵山万華鏡 | main | 花と流れ星 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    めくらやなぎと眠る女

    0
      村上春樹さんのカテゴリーを作って、どれだけ読んでないんだ!と驚いた。
      好きなんだけど、あまり読む機会がないなぁ、そういえば。

      短編集を読むのも初めてかもしれない。

      24の短編コレクション。

      私は、すごく好き。
      終わりはない。始まりもない。
      ただ流れてる。水のように。
      少し不思議だったり、ひどく現実的だったり
      夢のある軌跡だったり、ありふれた孤独だったり。
      短編って、いかに短い中で起承転結を作るのがうまいか
      それに尽きるものかと思っていたけれど、
      そういうものでもないんだと感じた。

      やっぱり、すごい。
      独特なのに、くどくない。
      結末があいまいでもそれはそれと納得できる。

      好みは分かれると思う。
      はっきりした物語が好きな人は嫌いかもしれない。

      でも少なくとも私は最後までまったく苦痛なく読めた。
      日常だ、と思った。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 01:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座