<< ええもんひとつ | main | キャンセルされた街の案内 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    君が降る日

    0
      評価:
      島本 理生
      幻冬舎
      ¥ 1,365
      (2009-03)

      よかった。
      すごく切ない。でもそれがよかった。
      幼い、何も周りが見えていない。
      彼と自分だけの世界。
      ある日突然暴力的に破られた。

      前作があまり良くなかったから正直期待していなかったのだけど、
      想像以上だった。
      また読んでみようと思える作品。


      表題作、「君が降る日」は、
      大学生の志保が付き合っていた彼氏を事故で亡くす。
      そのとき同乗していたのが彼氏、降一の先輩の五十嵐さん。
      どうしようもない感情を、葬式の場で五十嵐さんにぶつけてしまったことがきっかけで、
      五十風さんは降ちゃんの実家を手伝いにくることになった。

      一番好きなのは、「野ばら」
      思春期の男女間ではほぼありえない男女間の友情。
      少しだけバランスが崩れれば恋愛になってもおかしくない、
      むしろお互いそれを望んでいるのかもしれない。
      でも最後までそうしないまま彼らは関係を貫き通した。
      一瞬で崩れる未来、おぼつかなくなる足下。
      信じていたものがなくなる。
      愛していた人間に二度と会えなくなる。
      誰も悪くないからやるせない。
      五十風さんは穏やかで、どことなくほおっておけない雰囲気を持った人で
      降一の弟、祐嗣も含めだんだんと仲良くなっていく。
      いつまでも立ち直れず、むしろ五十風さんを見るたびに思いだし心を痛めるのは
      降一の母。
      降一を愛するあまり、彼の中にある降一を探すばかりの志保。
      最後は意外だった。
      志保にとっては進む道ができた、つらくても大きく見たらプラスの言葉。
      一寸先の別れは死だけじゃない。

      野ばらはもう、切なくて切なくて。
      でも何に切ないのかもわからない。
      自分も似たような経験があるから重ね合わせてしまう。

      あっさりと終わって、あっさり別れてしまって、
      その後はもうなにもないのだろうか。
      現実には無いことが多い。だから、無いんだろう。
      でも、あったらいいのに、って強く思う。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 15:43
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座