<< きのうの神さま | main | 岸辺の旅 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    れんげ野原のまんなかで

    0
      おもしろかった!
      人が死なないミステリ。
      こういう類の小説は、理屈だけ捏ね回して
      何でこんなことする必要があるの?というそもそもの疑問を抱いてしまうものが多いのだけど、
      これは全部の謎の解明方法、動機がすごくしっくりくる。

      これから読んで行きたい作家さん。

      秋庭市の人気の少ない場所に立つ秋葉図書館。
      新米職員の文子、温かい家族をもった聡い先輩職員能勢、ベテラン女性司書の日野が
      主な登場人物。

      図書館を舞台にして、さまざまな不思議な事件が起こる。
      能勢を中心にそれらの事件を解決していく。

      図書館に残されるなぞの忘れ物たち、子供たちの間ではやった居残りゲーム

      先の短い上品な老女、深雪さん。並び替えられた本と暗号。

      盗まれた個人データ、それらの人物に借りられたはずの返ってこない本たち

      図書館の土地を提供した「秋葉のだんな」末裔の秋葉氏。彼の家についての不思議な思い出。

      秋葉宅の広大な庭一面に広がるレンゲソウ。罪を引きずったまま絵本を返却する青年

      それぞれの登場人物が別のストーリーに登場してちょっとした役を担っていく。
      病気もちの能勢の娘、家族を大切にし、共に過ごす時間を幸せに感じる能勢
      尊敬と微妙な好意がまざった複雑な思いを抱く文子
      そんな彼らの人間味あふれる会話。

      いい本だった。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 03:10
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座