<< ゴールデンスランバー | main | 左岸 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    食堂かたつむり

    0
      評価:
      小川 糸
      ポプラ社
      ¥ 1,365
      (2008-01-10)

      いつかインド人の恋人と飲食店を開く。
      そう思って幸せに一緒に暮らしていたのに、
      ある日帰ってきたら彼と家にあったすべてのものが消えていた。

      家具家電はもとより、長く使えるようにいいものを買った台所用品も。
      ただひとつ、ぬか床だけは残されていた。
      料理上手な祖母の形見。大切な大切なもの。


      マンションを出て、実家に戻る。
      ショックで声を失った。

      おかんとは昔からそりが合わなかった。
      父親はいない。知らない。

      おかんが大切に飼っている愛豚エルメスの世話をすることを条件に
      住むことが許され、物置小屋を使うことを許された。

      幼いころから知っている熊吉通称熊さんがなにかと手伝ってくれ、
      倫子は「食堂かたつむり」をオープンさせる。


      切なくていとおしい。
      そして料理がいちいちおいしそう。
      本当に自分のためを思って大切に作られた料理というのを食べてみたい。
      客の要望をき、その客のためだけに毎回違う料理を出す。

      幸せなちょっとした奇跡を呼ぶと評判になり、
      一度来た客がリピーターになり、
      それなりに繁盛するようになる。

      食事は本当に奇跡をよんでもおかしくないと思う。
      自分を構成するものが、愛情をこめて、いい素材を使って作られたおいしいものなら。

      おかんとは仲良くなれないままだったが、
      そんな彼女の違った一面を知る。
      その直後に彼女が病気になったことと初恋の相手と再会し結婚することを報告される。

      おかんの恋人?のネオコンがかわいいなぁと思った。
      口が悪くて、性格も悪い。
      おかんのスナック・アムールの常連でおかんに惚れている。
      でも、おかんが別の人間と結婚するのも祝福し、
      お酒を飲むときには白馬に乗ってくる
      一度もセックスしていないのにおかんを愛し続けるネオコン。

      文章はまだ洗練されていない感じを受けたのだけど、
      伝えたいことがしっかりと伝わる文章。

      ラストはなける。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 08:44
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座