<< パラドックス13 | main | 八月の魔法使い >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    この世は二人組ではできあがらない

    0
      大学の先輩、後輩の間柄である紙川さんと栞。
      なんとなく、付き合い始める。

      つれづれと語られる日常の集体。
      小説家になりたい栞
      不景気真っ盛りの中で「みんなが憧れる職業」である公務員の試験勉強に励む紙川さん。

      憤ったり、悲しんだり、逆に舞い上がったり、喜びに震えるようなことはない。
      ただ淡々と二人の同棲生活、
      そもそもの価値観が遠い二人の疎遠になる様を描く。

      言葉は怒っているのに、「いらいらする」なんて表現が出ているのに
      冷淡な印象をうける栞。

      彼女が観る世界は美しいと思う。
      ただそれは絵画や小説のようで、
      そこに自分の意志や感情が感じられない。
      中には入り込めないと最初から諦めている感じ。

      でも、こういう文嫌いじゃない。
      なんで?って思うことはたくさんあったけど、
      この人はこういう人なんだろうって前提を頭の中に入れておけば納得出来る。

      山崎ナオコーラさん自身の経験なんだろうなぁ。

      ただ、結局なにもありませんでした、感が少し悲しい。
      紙川さんがどんどんダメな男に見えてくるのが寂しい。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 19:36
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座