<< ポーの話 | main | 婚礼、葬式、その他 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ミカ!

    0
      評価:
      伊藤 たかみ
      文藝春秋
      ¥ 580
      (2004-04-07)

      小学生の双子、ミカとユウスケ。
      学校ではオトコオンナと呼ばれ、強烈なキャラクターから恐れられているミカ。
      温厚でミカとも友人とも仲良くできるユウスケ。

      大抵はミカの引き起こす後始末をユウスケが引き受ける。
      それが嫌がっているでもなく、
      当たり前のようにミカをかばい、
      緩衝材となり、それでいて「ミカの弟」という黒子にもなっていない。

      ありふれた思春期へむかう少年少女たちの悩み。
      私自身この年代はオトコオンナなんて呼ばれていた。
      だから、ミカの気持ちはよくわかる。
      同じように男子(なつかしい呼び方!)とケンカして
      先生に怒られたり、親を呼び出されたり
      中学生になってスカートはくのいやだなぁ、なんて思っていた。

      でも、ミカみたいにユウスケのような存在はいなかった。
      ミカは恵まれてると思った。

      男とか、女とか、このころはそういう区別がはっきり付いていて、
      女子となかよくするのなんて!なんて男子が多かったように思う。
      でもユウスケはすごくニュートラルで、
      ミカの悩める気持ちも受け止めるし、
      男子の友達ともゲームして遊ぶ。
      こんな子、私のこの頃にもいてくれたらなぁ、なんてうらやましく思ったよ。

      堅さとかまったくなく、かるーい小説。
      悪くはないし、快活で楽しく読める。
      でも、だから、何?みたいな感想も抱いた。

      もう一人いる姉が離婚寸前で別居している母のもとに家出してしまったり、
      男らしいミカを好きで仲のいいユウスケに嫉妬するユウスケの友人とのやり取りなんかもあるけれど
      まぁまぁありがちっちゃありがちだしね。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 19:43
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座