<< 僕は長い昼と長い夜を過ごす | main | 夏期限定トロピカルパフェ事件 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    春期限定いちごタルト事件

    0
      四季デザートシリーズ、でいいのかな?

      初期の米澤さんらしい、軽快な文章、
      シニカルだけどさわやかな少年少女
      学校生活、身の回りで起こるちょっとした事件。

      船戸高校に入学した小鳩常悟朗と小山内ゆき
      彼らは同じ中学出身である約束をかわしていた。
      合格発表の日に再会した堂島健吾は常悟朗の小学校時代の知り合い。

      常悟朗とゆきは恋人というふりをとりながら
      実のところそうではなく、お互いの利の一致で互恵関係にある。

      いい人、のお陰であらゆることに首を突っ込んでいく健吾。
      容赦無く呼び出され
      「小市民」として生まれ変わろうとしている常悟朗をゆさぶり
      本来の探偵気質を引っ張り出される。

      同じように「小市民」を目指し日々おとなしく慎ましく
      当たり障りなく生活する小山内さん
      彼女の本性は、狼
      自分に対する攻撃にはカウンターで倍ではすまない仕返しをする。

      なくなった、ポシェットの行方
      不思議な絵の謎

      そして、小山内さんの大好きなスイーツ(ごと自転車が盗まれた)のために
      起こった一連の事件、暗躍した変身後の彼女。

      小市民でいたい、と願うが
      どこかでそうでない本来の自分でいることも願う。

      青春らしいばかばかしさだけど
      一度挫折を味わうとそこから抜け出せず別の道を模索するのは
      すごくよくわかる。
      ミステリーとしては、軽いし、大きな意味のあるものは少ない。
      どちらかというと彼らの会話だったりストーリー自体に面白さが含まれていると思った。



      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 16:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座