<< 光待つ場所へ | main | 秋期限定栗きんとん事件(上・下) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    四畳半王国見聞録

    0
      評価:
      森見 登美彦
      新潮社
      ¥ 1,470
      (2011-01-28)

      四畳半神話大系のスピンアウト・・・でいいのかな??

      四畳半神話大系はすごく面白くて大好きな作品だったのだけど、
      これは・・・結構文学的な方向に走って
      物語というよりは作品、という言葉が似合う。

      糞真面目な文体でくだらない内容を叫ぶ森見節は相変わらずだけど
      真面目っぷりが以前にもましてすごい。かたい。

      シュレディンガー方程式につまづいて四畳半に引きこもる阿呆神
      四畳半に暮らす様々な学生たち。
      マンドリン、水玉のブリーフ、大日本凡人會、四畳半統括委員会

      内容はあるんだかないんだか、
      少しずつリンクする短篇集。

      平和に生きるが、様々な異様なものに出くわしてしまう学生たち
      凡人になりたいと願う無意味な才能の非凡人たち
      四畳半で構成されたアパート、下鴨幽水荘。

      おもしろい、のだけど、読むタイミングをまちがえたかな、という個人的な印象。
      こういうシニカルな物語を求めるタイミングではなかったと思う。

      これくらい突き抜けて阿呆なら人生楽しそうだな!と思った。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 14:04
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座