<< GOSICK ―ゴシック― | main | たまゆら >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ブック・ジャングル

    0
      評価:
      石持 浅海
      文藝春秋
      ¥ 1,680
      (2011-05)

      地元の閉館した図書館。
      壊される前にもう一度中を見てみたいと思い、
      大学生の沖野は、友人の秋元とともに夜の図書館に侵入することにした。

      もうすぐ大学生の女子三人。
      両親が離婚した百合香。母方に引き取られたが、図書館司書をしていた父に
      図書館にいってよく会っていた。
      大好きな本が除籍されることになり、それを取りに
      友人の一実と真優と夜の図書館に侵入することにした。

      鉢合わせして、出会わなかったことにしようと意見が一致したが、
      状況が一変する。
      おもちゃのヘリコプターが女子たちを狙って襲ってきた。


      え、これで死ぬの??とびっくりした。
      毒のついた針により、命を落とす少女。
      多方向からいくつも手を変え襲ってくるヘリ。
      暗闇の中、操縦者の位置もわからない。

      施錠された館内。
      出る場所は入ったトイレの窓のみ。

      突っ込みたい箇所はいろいろあったけど、
      なんだかんだ最後まで止まらずに一気に読んだ。
      面白い、のだけど、なんとなく納得がいかない。
      犯人の動機だったり、少女たちの抱える秘密だったり。
      なんとなく後付けに見えてしまった。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 11:14
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座