<< ツリーハウス | main | 伏 贋作・里見八犬伝 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    新参者

    0
      評価:
      東野 圭吾
      講談社
      ¥ 1,680
      (2009-09-18)

      小伝馬町で独り暮らしの四十五歳の女性が自宅で首を絞められて死んでいるのが見つかった。

      日本橋署配属の加賀恭一郎という刑事。
      近くの商店街で聞きこみをする。
      刑事らしくなく、人情を理解する不思議な刑事。

      確か、TVドラマ化されて話題になっていた気がするのだけど、
      見ていなくてわからない。
      でも、ドラマ化にとても向いている作品だと感じた。

      大筋は、殺人事件の聞きこみ調査。
      しかし、その中でそれぞれの家族、店の関係者らが抱える小さな問題
      それでもその中で生きる彼らにとっては重要な問題を
      一つずつ大切に解決していく。

      祖母の病気
      料亭の主人の秘密
      嫁姑問題
      被害者の息子
      被害者の元夫が隠していた秘密。

      最後にはすっきりと元の事件が解決する。
      読了感が非常にいい作品だった。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 16:22
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座