<< 天国旅行 | main | 我が家の問題 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    万能鑑定士Qの事件簿(機Ν供

    0
      評価:
      松岡 圭祐
      角川書店(角川グループパブリッシング)
      ¥ 540
      (2010-04-24)

      『週刊角川』の記者、小笠原悠斗。
      数年前から都内の公共物、壁などに貼られてきた力士シールについて調べていた。
      手に入れたシールを鑑定してもらうために訪れたのは
      万能鑑定士Qという鑑定士のもとだった。
      そこで彼が出会ったのは23,4に見える美しい少女、凛田莉子。

      沖縄出身の明るい性格の少女。
      高校の担任が将来を憂うほど彼女の成績は悪かった。
      東京に出てきた彼女に勉強を教えたのは
      チープグッズという大手リサイクルショップの社長だった。
      彼女の感受性を利用して莉子は様々な知識をあっという間に吸収していく。

      現在と過去の説明、そして少し未来らしい情景が交互に描かれる機
      空き時間ができた小笠原は莉子について新しい事務所の抽選会に訪れる。
      そこでおこなわれたイカサマ、そしてその後に起こった犯罪。

      あまりに精密に作られた偽札は日本中に大きな影響を及ぼした。
      ハイパーインフレ、札の使用不可、ドルの優遇。

      一時沖縄に戻った莉子はヒントを集め、東京に戻ってくる。

      力士シールの本当の用途、偽札騒動によって救われる人間
      あまりにうまくいってしまったというだけでは悪質すぎる行為。

      ヒントかと思って拾い上げたものが実は違って、
      最後に見返すと真っ直ぐな道のりができていた、という印象。
      すごくうまいと思う。




      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 12:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座