<< ダブル・プロット | main | 折れた竜骨 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    探偵ザンティピーの休暇

    0
      初期の小路さんの作品と似た毛色のミステリ。

      ニューヨークで私立探偵をしているザンティピー・リーブス。
      十三も年が離れた最愛の妹サンディ(アレクザンドラ・リーブス)が
      結婚して北海道の温泉旅館の若女将になった。

      ぜひ遊びに来て、という彼女の言葉に、
      休暇を利用して日本に来たザンティピー。
      彼は、妹が何か頼みたいことがあるのだろうと気づいていた。

      テンポよく軽快に読めるミステリ。
      「男はつらいよ」で覚えた正しいけれど何かおかしいザンティピーの日本語が効いている気がする。

      入ってはいけない御浜、そこにある大岩、オンジョ岩。
      犬を散歩していたサンディが、逃げた犬を追いかけて御浜に入り込んでしまい、
      犬が掘り出した人骨を見つけてしまった。
      入ることを禁止されている故に誰にも話せない。

      サンディの夫、リュウイチの妹、ミキコ(ミッキー)
      近所に住む子供たち、ミキコの恋人で郷土史の研究をしている厚田先生などに話を聞きながら
      その謎を解いていく。

      作られた怪談。
      御浜に入ることを頑なに拒むリュウイチの祖父、善二郎。
      化石がたくさん発掘される土地。

      小路さんらしい、やわらかい結末。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 13:08
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座