<< 猫を抱いて象と泳ぐ | main | 異国のおじさんを伴う >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    キケン

    0
      評価:
      有川 浩
      新潮社
      ¥ 1,470
      (2010-01-21)

      勢いがあって、とにかく楽しい。
      自分の青春の一ページがこんなだったらよかったなあ、と憧れる。

      成南電気工科大学『機械制御研究部』
      略して、「機研(キケン)」
      その名の通り、いささか危なっかしいメンバー、部活内容を誇る部。

      新入生の元山と池谷は半ば強引にキケンに入部することになった。
      部室はエアコン、冷蔵庫、泊まり込みまでできる充実の設備つきだが、
      二回生のユナ・ボマーこと上野と大魔神こと大神という二人の先輩は
      今までに何度も危なっかしい行動をしでかしているらしい。

      それなりにキケンといえばキケンだけれど、
      暴走しすぎることはなく、相当な常識人大神が
      若者にありがちな集団暴走はきっちりストップをかけている、むしろ安全な部活だと感じた。

      やりすぎないながらも、目一杯楽しむ彼ら。
      上野の爆破を間近に見て、
      女子の少ないなか、うらやましい恋愛問題が勃発し、
      文化祭では本気ラーメンを作り、
      ロボット大会で大暴れし、
      それらがまた下の学年に伝承されていく。

      その頃はそれが幸せだって気づかないんだよな。
      自分から動いて、大切な仲間がいて、場所があって
      いつでも戻れるような。
      一度離れてしまったら、辛くなってしまうのも
      離れるまでわからないほど。

      ラストは泣ける。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 10:31
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座