<< とにかくうちに帰ります | main | 東京観光 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    赤絵そうめん―とびきり屋見立て帖

    0
      とびきり屋シリーズ第三弾。
      ええもんひとつの続き。

      相変わらず仲良し夫婦の真之介とゆず。
      とびきり屋も順調に商いを続けている。

      明の時代の焼き物、赤絵。
      華やかな図柄、色彩を用いた「いいもの」

      銅屋が質のいい赤絵を一度に五十売りに出すことになり、
      二人はなんとしてもそれを手に入れようとする。
      が、そこにゆずの父、からふね屋善右衛門がからんでくる。

      人の心を想った「きれいな商売」
      大切なものを大切に扱い、本当に欲しがっている人に売る。
      もちろん利益なしでは商いはやっていられない。
      そこの折り合いを上手につけていく真之介。

      不気味なものばかり集めていた「天狗堂」
      ゆずの元婚約者の若宗匠
      いい商いのおかげで信用を得た銅屋の蔵の整理。

      前作、前前作よりも、真之介がしっかりしてきたような。
      ゆずに対する劣等感などが少し拭えたのかな。

      読みやすくて感情移入しやすい良い小説だと思った。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 17:09
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座