<< 本日は大安なり | main | キャベツ炒めに捧ぐ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.11.17 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    オーダーメイド

    0
      評価:
      甘糟 りり子
      幻冬舎
      ¥ 1,365
      (2011-10-06)

      直接的な行為が描かれている量はそんなに多くないのに、
      ひどく官能的な小説。

      お金に困っていた麻穂。
      金回りの良かった時期に買い揃えた様々なものを売り払い、
      孤独を紛らわす友人もおらず、
      途方にくれていた彼女に岸部という男から胡散臭い仕事を持ちかけられる。

      どこにも発表しない官能小説を書いて欲しい。
      短編一本につき原稿料百万円。

      ネタになるなら、と岸部にSMクラブに連れて行かれた。
      そこで出会った女王様、彩花と親しくなる。

      岸部を介して麻穂に仕事を託した依頼者は何を求めているのか、どんな人間なのかさっぱりわからない。
      彼女は自分自身の過去を切り売りして小説を書く。

      売れないグラビアモデル、少し売れた恋愛小説。

      堕ちていくのは一瞬。
      そこからきっかけを得て少しずつ浮上していく麻穂。

      岸部との関係がもう少しきちんと読みたかったかな。
      それは少し残念。


      スポンサーサイト

      0

        • 2013.11.17 Sunday
        • -
        • 14:11
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        PR
        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座